2021/06/04

オープンしたての風俗エステ店に行ってみた

いつも利用しているSM店の店長の友人が新しく風俗エステ店をオープンさせたから一回行ってみてくれないか、という話になりお店に電話することにしました。

「あの~〇〇の〇〇さんから紹介してもらった〇〇って言いますが、女の子誰か来れる子いますか?」
「〇〇さんの紹介ですか?この度はご連絡ありがとうございます。少々お待ちください、店長をすぐ呼びますので。一旦保留にさせていただきます。」
なかなか丁寧な店員さんを雇ってるな~と感心しているとすぐに店長とやらに電話がつながります。
「もしもし、お電話変わらせていただきました。店長の〇〇と申します。この度はご利用ありがとうございます。今日はどんな女性をお探しでしょうか?要望に沿った子をすぐにお送りいたします!それともサイトで気になる子などはいましたでしょうか?」
ん~店長もなかなかに丁寧。はじめてだけど、なかなかに気分が良いですねコレは。

特に気になる子はいなかったので【若い】【色白】【世間一般的に可愛い】という3つの条件を伝えるとすぐに送ります!とのことだったのでラブホで待機。
店長が到着予定としていた時間よりも10分早く女の子が到着。
ノックされたドアを開けると一回深々と頭を下げてから色白の美女が挨拶してくれます。

「はじめまして。〇〇です」
「あ、どうも~。どぞどぞ中へ」
「はい♪失礼します」

と美女を部屋の中へ招き入れます。
丁寧で落ち着いていて、ひとつひとつの動作が絵になっている才色兼備といった様子の女の子。
私の横を通り過ぎるときもフワっと柔らかくていい匂いが鼻を通り抜けます。
これは完全に当りだな~。
めっちゃ可愛い子いるじゃんか~と思っていると、女の子が何やらバインダーを取り出して、どこが凝ってるのか、どこを重点的にマッサージしてほしいかなどなど本格的なエステ店のような聞き取りをしてきます。
仕事が営業でよく外回りに行く私は足を重点的にマッサージしてほしいと伝え、しばらく雑談してから脱衣をアシストしてもらいシャワー室へ。

だいたい風俗エステって自分一人でシャワーというところが多いんですが、ココは女の子が洗ってくれます。
上品な手つきなんだけど、どこか妖艶な動きで、私の息子は洗ってもらってるだけでスグに元気に。
シャワーを出てから、身体を拭くのも、お茶を飲むのも全部アシスト付きでまるで貴族のような気分でフワフワのバスタオルが敷かれたベットに横たわります。

「じぁあ、足の方からマッサージさせていただきますね~♡」
という合図とともにほどよい力加減で足の裏と太ももをオイルで流していってくれます。
できたてのお店の新人とは思えないほどマッサージがうまい。

「マッサージうまいね」
「本当ですか?良かったです♡」
「ここで働く前どっかで働いてたとか?」
「ここが初めてですよ♪他にも結構行かれたりするんですか?」
「行くけど、君くらい上手な子はなかなかいなかったよ」
「そんな風に言われるとなんか照れますねw」
「本業は?」
「昼は普通のOLやってます♪」

会話をしつつもマッサージをしっかりとしてくれます。
しかしマッサージ経験なしでここまで上手だとは・・・かなり講習がしっかりしているお店なんだな~と思いながらもウトウトしだしてきたところで仰向けになり、息子にオイルを塗っていきます。
息子の扱いも丁寧で優しく、さっきまで夢うつつだったのが嘘のようにガチムチの息子に変身。
ゆっくりと手をローリングするようにひねりながらの手コキで、息子もビクンビクンと反応。
眠気が一気に引いて、意識が息子に集中していきます。
途中でDKのサプライズとネットリとした舌使いで乳首を舐められ、発射まで秒読み状態。

あ、やばい!イきそ!と思った瞬間、嬢の手の動きがピタッと止まり、竿から手を離し、鼠径部、アナル、玉と順に撫でまわしていきます。
新人のクセに「焦らし技」まで駆使してくるとは・・・この店侮りがたしwもう頭の中は射精したい気持ちでいっぱい。
一通り焦らしが終わると今度はローションを塗ったおっぱいで息子を包み込みパイズリと手コキの合わせ技。
思わず「こんな技まで~うっ・・・う~」と声を漏らすとパイズリの上下運動が益々激しくなり、玉がギュッと上がるのを感じ、止められないところまで込み上げてきます。
「ダメだ!もうイク!」と言った瞬間、嬢のほっぺにまで飛び散る大量発射!思わず顔にかかってしまったものの「事故っちゃいましたねw」と笑顔で対応してくれた彼女は本当に天使でした。
また行きたいと思います。

Prev