2020/07/02

風俗の3Pを楽しもう

デリヘルなら普段恋人や奥さんとは出来ないようなプレイをしてみたいと思ったことはありませんか?
SMやAVで見かけるような激しいプレイも良いですが、ここは3Pはどうでしょうか。

まず3Pとは

3Pと言うのは、3人の男女でプレイをすることです。4人なら4Pになりますし、5人なら5Pです。
一般的には女性一人に対して男性複数人であることが多いのですが、風俗の場合は女性の方が人数の多いハーレム状態で行うことがほとんどです。
複数人の女性とプレイできる機会なんて早々ありませんし、風俗だからこそできる贅沢なプレイなのでお勧めです。

女性主体

とはいっても、プレイの主導権を握るのは女性の方です。
人によっては自分の手で女性2人を気持ちよくさせることを夢見るかもしれませんが、実際にやろうとすると難しいことが分かります。
どちらか片方に意識が行ったり、攻めるのに精いっぱいで自分が感じにくくなる等々。
それだと何のために3Pコースを頼んだのか分からなくなるので、大人しく女性に主導権を握ってもらって気持ちよくしてもらう方が良いですよね。

逆ハーレム

また、風俗の場合だとそもそも複数人によるプレイが禁止の場合の方が多いです。
店舗によってはオプション料金で可能になる事もあるかもしれませんが、割高になってくるでしょう。
男性の方はあまり体力を遣わず、休みながら交代でプレイが出来るので女性に無理を刺せさえしなければ円満に楽しくプレイが出来ます。
ちなみにこの場合、友人知人を誘ってプレイに挑むことになります。主体となるのは男性の方となり女性に負担がかかることになるのでNGとされている店舗が多いのでしょう。
勿論お店に無断で部屋に男2人で待機をしていると規約違反で罰金になる可能性もあるのでしてはいけません。

問題点

しかしこれは、自分との3Pを許容できる男友達がいなければそもそも成り立ちません。
例え親しくとも、友人の性器でフェラをした口で自分にキスをしてほしくないという人の方が多いでしょうし、そもそも友人にプレイしてるところを見られたくないとか、生理的に受け付けられないという方もいるでしょう。
また、女性2人の場合でも同じようなことが起こります。
同僚にプレイを見られたくない、といった感じで3PがNGの嬢もいるわけです。
呼びたい子が3PNGの場合があるので女の子を選ぶ際はお店にしっかり確認しましょう。

料金について

割高になると前述しましたが、それはもちろん2人の女性を呼ぶわけですから通常料金の2倍かかることになります。
これは呼ぶ女性の数に比例します。
じゃぁ男複数人の方が良いじゃんと思うかもしれませんが、残念ながらこちらも同じように倍の値段が掛かります。
特別なプレイな分お値段は高くなっているので、お財布に余裕があるときに遊ぶようにしましょう。

Prev
Next